オークション代行を依頼される前に
2004年3月18日
中古車を購入する場合、ディーラーから個人売買まで、様々な購入方法があります。
その中でも一番は、やはりディーラーの保証付き中古車ではないかと思います。
ただし一番高価であることは、あえて説明するまでもありません。
そして一般の中古車店においてもディーラーと、さほど変わらぬ価格であることも。
ではオークション代行の場合はどうでしょう。
中古車業者の仕入れ価格並みで買えるのですから、かなりの安さです。
しかし程度の悪い車を買ってしまっては、元も子もありません。
そこで当店のような代行業者が、その手助けをさせて頂く訳ですが、
何千台もの出品車の中から、いい車を選び出すのは容易なことではありません。
まず最初に、車のカルテとも言うべき出品票で、良質車か否かをある程度予測します。
その出品票には、車種・年式・グレード・走行距離・車検期間といった基本データ以外に
傷・凹み・汚れや、不良箇所・修復歴などが記入してあるのですが、
間違えてならないのは、出品票は現車確認を前提とした参考資料に過ぎず、
不良箇所にしても、そのすべてが事細かく記入してある訳ではないということです。
そして、1台1台に【S】【8】【7】【6】〜【1】【R】といったような評価点が付けられるのですが
【4】や【4.5】であるからといって、安心できるいい車両とは限りませんし、
同様に、走行メーター管理システムについても完全ではなく、
オークション会場の検査を通過しても、改ざん車は多数存在しているのです。
本当にいい車かどうかは、実際にエンジン、ミッション、足回り、エアコンといった
主要機関の現車確認までしてみて、初めてわかることなのです。
オークション代行で最も大事なことは、下見代行(現車確認)であると断言いたします。
しかし、当店においても完全な下見代行は、やはり無理です。
ですが、出来うる限りお役に立てればと、願ってやみません。
そして、より良質の中古車を購入して頂くためには、1ヵ月〜3ヵ月くらい要しますので、
3ヵ月くらいの余裕をもって、
楽しみながらオークション代行に臨んでみてはいかがでしょうか。
カークラブネット代表 赤崎